ネットワークビジネス

ネットワークビジネスのメリットデメリット【徹底考察】

 

こんにちは!四太郎です。

 

僕は、半年間、本気でネットワークビジネスに打ち込みましたので、第三者の立場からはっきりとした意見を書きます。

 

※勧誘している人、環境の人で気を悪くしたならごめんなさい。

 

記事を読んでほしい人

勧誘を受けている人

実態を知りたい人

勧誘をしているが、一度整理したい人

 

 

メリットデメリットをまとめる

 

僕はもうすでに辞めていますので、偏りのない意見を書ければと思います。

 

メリット

 

①権利収入

仕組みさえ築けば、1ヶ月労働せずとも収入は入ってきます。

 

これは紛うこと無き事実です。

 

しかし、会社倒産のリスクは0%ではないし、未来永劫なんてのはありません。

 

ネットワークビジネスを営む人は、必要以上に仕組み構築後の安泰を謳ってきますが、絶対なんてありません。

 

 

②環境の居心地の良さ

儲からずとも、居心地の良さで抜け出せない人がたくさんいるほどです。

 

辛い時は、あたたかい言葉をくれるし、楽しい時は、輪になって一緒に踊ります。

 

ネットワークビジネスには、どの会社にも関わらず、環境があり、チームがあります。

 

定期的なイベントや飲み会は、少し異様な雰囲気もありますが、誰もが楽しめます。

 

そこに依存しちゃって、ビジネスを疎かにしちゃう人もたくさん見てきました。

 

 

③コミュニケーション能力の上昇

環境では、自己開示をすると、大体の人が肯定してくれます。

 

人と接することが嫌でも増えるので、会話力や人見知りは改善されます。

 

環境内でのコミュニケーションに慣れてくると日常でのコミュニケーションも変わり、自分に変化を感じ始めます。

 

人見知りの人が変わっていくのも、はたからよくみてました。

 

 

デメリット

 

①時間の浪費

ネットワークビジネスで成功しようとすると、周りが見えなくなり、趣味や友達に時間をあてることを惜しみ始めます。

 

ホリエモンがよく、「インプットとアウトプットの量が大事」だと言っていますが、ネットワークビジネスの場合、ほとんどのインプットが、セミナーや飲み会など、大きく偏ります。

 

物事を俯瞰的に見れなくなり、アイデアや柔軟性が無くなってきます。

 

これは大きなデメリットだと思っています。

 

 

②人間関係の変化

どれだけネットワークビジネスの人口が増えても、ネズミ講、マルチまがい、などといった、悪評のイメージは払拭されません。

 

仲の良い友達でも、離れていく可能性はもちろんあります。

 

仲は良かったのに、ネットワークビジネスだと告げると、連絡が途絶える。

 

そんなことは何回も経験しました。

 

僕の場合、幸いにも、1番仲の良い友人だけは離れませんでした。

 

そういう友達こそが財産なんだと気付かされました。

 

本間にありがとうな。友達よ。笑

 

 

どんな人が向いているの?

結論、ストイックで、人間力があり、運の良い人が成功しています。

 

ビジネスということもあり、原理原則は同じなので、結局は、ビジネスに対する好みなんだと思っています。

 

メリットデメリットを加味した上で、実際に取り組み、むいてると思った人がやればいいんじゃないでしょうか。

 

元も子もない結論ですが…(笑)

 

まとめ

 

僕が辞めた理由は、コミュニティ自体がなんか気持ち悪くなってきたのと、周りに成果を出している人が本当に少なかったこと。

 

例えば、就活をするときって、消えそうな業界業種は選択肢から消しますよね?

その感覚と同じで、ビジネスとしての魅力と将来性を感じなくなったからです。

 

これは実際に本気で打ち込んだから、みえてきたものだと思っています。

 

僕の実体験と、俯瞰的な意見が、読んでくださった方のお役に立てれば嬉しいです!万々歳です。

 

 

では、今回の記事を読んでくださった方、ありがとうございました!

 

四太郎でした!

 

関連記事

本気でネットワークビジネスやってみた①

本気でネットワークビジネスやってみた②

 

おススメ記事

自分に合った転職とは?

ビジネスはパクリでいい。むしろパクリがいい。

思い切って転職してみまくった結果