知っておきたい雑学

自動運転は古い!車は空を飛ぶ

四太郎です。

 

 

半年ほど前、トヨタが空飛ぶ車を2020年に運転テストを開始することを公表し、話題になりましたね。

 

 

そしてつい先日、(米)ウーバーが空飛ぶタクシーのサービスを、2020年に開始させると公表し、これまた話題になりました。

 

 

そこいらのことをまとめましたので、雑学として頭に入れて、明日の話題に使ってやってください( *´艸`)2分で読めます♪

 

 

そういやぁ自動運転はどうなったの?

 

自動運転でさえ、テストにテストを重ね、ようやく、一部地域でのサービスをスタートさせました。

 

 

どうして、自動運転はっこうもスムーズに展開されないのか。

 

 

それは、乗る側の意識的問題があるからです。

 

 

今の時代だと、事故の確立を極限まで、0に近づける技術はあります。

 

 

ただ、それを一般人が買える値段までに抑えるのは至難。

 

 

つまり、コストがかかりすぎるんです。

 

 

そこそこの値段で、自動運転の車を提供するとなると、そこそこの精度の車になるということ。

 

 

ただ、そうなってくると、やはり事故は起きます。

 

 

すると、世の中的には自動運転はやっぱり危ないという認識になります。

 

 

普通の車に乗っていても、事故は起きるわけですから、自動運転でも、そりゃあ事故は起きます。

 

 

ただ、そういう認識が広がると当然、シェアのスピードも遅くなり、開発、改善も前へと進み辛いです。

 

 

自動運転でも、このスピード感です。

 

 

空飛ぶ車なんて、世の中の人は受け入れてくれるでしょうか?

 

 

進化のスピードは作り手ではないのだ。

2020年まで、もう2年もないです。

 

 

かなーりシビアな戦いになりそうですよね。

 

 

企業がどれだけ頑張るか、というよりは、世の中がどれだけ受け入れるか。にかかっていると思います。

 

 

そもそも、空飛ぶ必要はあるのか?なんていう、意見も多くあります。

 

 

空はまだ領権がありません。法の整備も必要でしょう。

 

 

マンションに住んでる人からすると、外を気にしなきゃなりませんし、音もすごいかもしれません。

 

 

実際に運転を開始すると、もっとたくさんの問題があるでしょう。

 

 

僕自身も、本当に2020年までに大丈夫なの?というのが正直な感想。

 

 

がんばれ日本、がんばれウーバー。

 

 

まとめ

 

様々な問題はありますが、僕は理屈じゃなく、ロマンだと思ってます。

 

 

良いじゃないですか、空飛ぶ車。

 

 

乗ってみたいじゃないですか。

 

 

空飛ぶ車までいったら、きっとタケコプターが現実に出てくるのも時間の問題です。

 

 

そういう先進事業に投資できる資産が早く欲しいものです(^^)

 

 

 

 

今回は以上です!

 

お読みいただいた方、ありがとうございます。

 

四太郎の独り言でした。