転職

4度の転職経験者がおススメする転職方法

 

 

こんにちは!

四太郎です。

 

4回転職した僕が転職について思ったこと、

おススメの転職方法などを書きました!

 

 

4回の転職で手アカをべったりつけたエージェント転職ナビがこちら↓

僕が転職に至った経緯

 

転職に踏み出すべきか踏み出さざるべきか、迷っている方ってたくさんいるかと思います。

 

 

SNSを見ていても、仕事やめたいよーって声、たくさん聞こえてきます。

 

 

そんな方に転職を勧める記事ではありません。

 

 

あくまで、僕が経験した4回の転職経験が、何かしらのヒントになれればと思い、綴らせていただきます。

 

 

 

どんな転職をした?

 

まずはサクッと僕の転職歴を紹介します。

 

1社目

新卒で入社。

 

就活はまわりの人より、気合いをいれてやったという自負はあります。

 

この時、自分は、

一社目が人生の全てを決める

と思っていたもんですから、それはもう必死です。

 

 

しかし、8月にネットワークビジネスと出会い、会社が全てじゃないことを知り、退社。

 

良くも悪くも良い出会いでした。

 

2社目

決済代行会社に入社。

 

 

今、LINEやYahoo!など大手が軒並み参入している超ホットな業界です。

 

 

ただでさえ、リクルートやトヨタなど、既存の大手に押され気味だった会社でしたが、この競争率です。

 

 

恐らく、近い将来倒産でしょう。

 

 

社内のシステムがガラパゴスすぎたのと、PDCAが一切、機能していなかったなどなどの理由から、なんとなく予感してました。

 

 

辞めてよかった。

 

 

ちなみに4か月で退社しました。

 

 

3社目

マーケティング会社でした。

 

 

ここがひどかった…

 

 

マーケティングの仕事と聞き入社しましが、ねずみ講でした(完)

 

 

2か月で退社。

 

 

4社目

 

飲食店でした。

 

 

2か月間、シフト制だったので、自問自答しながら適度にやってました。

 

 

その2か月間を経て、マッサージ師として独立。

 

 

本当、人生なんとでもなるなぁと、実感しました(笑)

 

 

 

転職をした時の周囲の反応

 

初対面の人に4回、転職したというと、大体は引かれます(笑)

 

 

知り合いからは3回目くらいから、「またかよ~w」みたいな反応になりましたね。

 

 

スタンスとして「また転職したんですよ~w」くらいの方が、まわりも自分も気を使わなくて良いのでいいかもしれません。

 

 

親の場合は2回目以降、戦々恐々としていました。

 

 

あまり、心配をかけたくない人は、特に言う必要はないかもしれません。

 

 


仕事は溢れている?

 

結論、溢れています。

 

 

仕事ないんじゃないんかな、みたいな不安に駆られる必要はありません。

 

 

しかし、他にぶっちゃけ不安要素はあるので、後述します。

 

2 転職のメリットデメリット

自分の転職談とまわりの人の体験談から簡単にまとめてみました。

 

メリット

 

①社会を俯瞰的に見れるようになる

色んな会社の人や事業に触れることによって、経験値があがります。

 

 

一つの事業に従事する人より、色々な事業と人に触れている人の方が、社会的価値が高いと僕は思っています。

 

 

例えば、僕の場合、営業×マッサージ師×ブロガーです。

 

 

ただ営業だけをやっている人より、マネタイズの幅がグッと広がります。

 

 

②ストレスからの解放

ここは結構大きいです。

 

 

辞めたいけど、辞められない。

 

行きたくないけど、行かなければならない。

 

 

これって、かなりストレスだと思います。

 

 

一つの会社に依存しなくてもいいのです。

 

 

自分の人生なんだから、自分が思った通りしよう。

こう考えたとき、僕はスッと転職に足が運びました。

 


デメリット

 

①そもそも辞める必要のない人

年功序列の社会制度や社風、管理されることに向いている人。

 

 

こういう人は、わざわざ転職する必要がないと思います。

 

 

小一時間ほど考えましたが、これしかでてきませんでした(笑)

 

 

 

転職を4回した現在の僕

1社目、2社目と割と、しんどい会社にいたので、心の底から、転職してよかったと思っています。

 

 

転職することで、マイナスになる人もいるかもしれませんが、僕は返って、自己肯定感UPに繋がりました。

 

 

速いスパンで転職を何度も経験したことは、その分、色々な社会に触れたということです。

 

 

それは自信にもなるし、本当に自分がなにがしたいか、どんどん具体的になる感覚がありました。

 

 

時間を無駄にせず、転職する方法

仕事をしながらの転職となると、割と時間がないですよね。

 


僕が実際に行っていた方法
を最後に紹介します。

 

 

方法はシンプル。

 

会社選び

履歴書送付

面談調整

面談

 

この工程を複数社のエージェントをつかい

条件設定

面談

 

にするだけです。

 

エージェントとは?

転職を手伝ってくれる、仲介人です。

 

 

こうすることで、

 

  • 圧倒的な時短
  • 自分の希望する条件に的確にヒット
  • 会社を休まずに就活できる

 

このようなメリットがあります。

 

 

そして重要な会社選びですが、やはり大手が良いです。

 

 

理由は、単純で、

仕事数が圧倒的に多く、優秀なエージェントが多いからです。

 

 

ネオキャリア
【エージェントが優秀で対応能力がかなり高い】
DODA
【非公開求人の取り扱い率、業界NO.1】
テンプホールディングス
【圧倒的仕事数、転職の大定番】

僕が実際に利用して、極めて優秀だと思った企業。

このあたりだと間違いないです。

 

 

まとめ

 

最後にもう一度言いたいのは、

自分の人生は、自分を一番の軸にして行動するべきだ。

です。

 

自分勝手になれというのではなくて、自分にストレスを与えてまで、献身的になる必要はないということ。

自分を軸に考えると、肩の力がスッと抜けます。

自分が一番!

自分の人生なのですから!

 

 

今回は以上です。

お読みいただいた方、ありがとうございます(^-^)

四太郎でした。