ビジネス

これであなたも起業できる?【起業する人の考え方】

 

こんにちは。

毎日儲かることばかりを考えています。

四太郎です。

 

 

今回は起業している人たちが、どういう考えを持ち、どういう日常を過ごしているかを調べました。

 

そして、転職を繰り返し、マッサージ業で独立した僕が、腑に落ちたところを抜粋し、起業家の思考のつくり方を生み出しました。

 

 

日常のインプット

 

皆さんは日々、どんなことを考え、何をインプットしていますか?

 

 

大多数の人は、会社のことだったり、趣味SNSの何気ないつぶやきだったりすると思います。

 

 

僕もそうでしたが、この何気ないインプットを変えることがとても大事であるということを知り、変えていきました。

 

 

普段、僕がよく見ていたのは、YouTubeTwitterでした。

 

 

今でも、もちろん見ますが、日常的にみるようにしているのは、ビジネス記事をまとめたキュレーションサイトや、起業家のメルマガなどです。

 

 

最初は活字ばかりを見るのが嫌で、とても憂鬱でした…。

 

 

活字との闘い

 

今すぐ、TwitterやYouTubを観たい!

 

という欲を打ち消し、通勤の15分だけは、ビジネス記事を観よう!

 

と決めて、読み続けました。

 

 

 

はじめは、横文字を含め、記事の内容もチンプンカンプンでした。

 

 

 

ですが、知らない言葉を調べたりビジネス記事の詳細を独自に調べたりするうちに、少しずつ、理解が深まっていきました。

 

 

そうなってくると占めたもので、記事を読むのが面白くなってきます。

 

 

もともと起業に興味のあった僕に、世の起業家たちの考え方はすごく新鮮で、タメになるものばかりでした。

 

 

読んでいて、一番良かったと思ったのは、社会を俯瞰的にに見えるようになったことです。

 

 

簡単なことでいうと、フランチャイズの仕組みや、今や大企業と格付けれている企業が、のし上がるために利用した戦略経緯

 

 

すぐに行動として落とせるほど、簡単なものではありませんが、確実に自分の血肉になっていきました。

 

 

変えた日常のインプットから見えてきた未来

こういったインプットを繰り返すにつれて、自分の起業イメージもどんどん具体的になっていきました。

 

 

僕が大学生のときにもっていた起業観と、今の起業観では180度違うと思います。

 

 

自分自身が本当に理想している生き方や、仕事観。

 

 

社会を俯瞰的にみることによって、現実味を帯び、行動にも落としやすくなってきたのを感じます。

 

 

情報収集の仕方

 

今はプライベートのアカウントと、ビジネスとして参考にしたい方のみをフォローしたアカウント二つを持っています。

 

 

そうすると、自分が欲しい一次情報を拾えるし、考え方や価値観を学ぶこともできます。

 

 

この時代、わざわざ起業している人に、直接会わなくても良いのです。

 

 

会うことにも、もちろんメリットはありますが、大抵、ビジネス勧誘やねずみ講のトラップに引っかかるケースが多いです。

 

 

これは今までの、僕の経験が物語っています。

 

 

そうでなくとも、そういうものだと思って、会うことをお勧めします。

 

 

まとめ

 

新しいビジネス記事を読むだけで、

起業のアイデアなんてくらでも出てくる

 

商売の神様、DMMの亀山会長の言葉です。

 

 

 

日常、自分の身を置く環境はとても大切です。

 

 

日常のインプットは常識を変える

 

僕が学生のとき、英語を教える保育園の先生をしていたことがあります。

 

 

その保育園の園児たちは、5歳にもなるとネイティブの先生とスラスラ英語でやり取りするレベルにまでなるのです。

 

 

日常的に英語に触れてきた子供からすれば、当たり前のことなんですよね。

 

 

外国の先生に泣きながら何やら訴えているその姿は、子供とは思えませんでした。

 

 

みなさんも、日常的なインプットを一度、見直してみてはいかがでしょうか?

 

 

今回は以上です。

 

お読みいただいた方、ありがとうございました。

 

四太郎でした(^-^)