チャレンジ企画

サンシャイン池崎のコスプレで真剣に友達作りしてみた

こんにちは!四太郎でっす。

 

今回は今年の夏、サンシャイン池崎さんになりきり、”真剣”に友達作りをした時の話を書きます。

ちなみに夏なのでハロウィンではありません(笑)

 

突拍子もないことをしたら、突拍子もないことが起こった。

そんなお話です!

友達作りをしようとした理由

人生ネタ作りと言いますが、「考えてみれば自分の人生のネタが少なすぎる…」という少しネガティブな想いから、「じゃあ何かおもしろいことをしよう!」といったところが始まりでした。

 

もともと僕は、文化祭とかになると必ず前に出たがる、承認欲求の化け物みたいなところがあったので、「恥ずかしいしな///」とかは、あまりなかったです。

 

とりあえず、何か行動を起こしたい衝動に駆られたのです。

 

サンシャイン池崎さんを選んだ理由

シンプルに尊敬しているからです。

 

お笑い芸人自体がもともと好きなんですが、彼は僕の中で別格でした。

 

だって冷静に考えてみてください。

「イエエエエエエエエエエエエイ」

って全力で言って、笑いをとるってすごくないですか?

 

それも、彼の表情とか見れば分かるんですが、マジの全力ですよね。

叫ぶたびに、毛細血管を一本ずつ犠牲にしてるんじゃないかと心配するほどです。

僕は、その全力で笑いをとる姿に惹かれました。

 

なので僕は、おもしろいからサンシャイン池崎さんを選んだのではなく、全力でやっています」ということを表現したかったからサンシャイン池崎さんの姿をして東京に降臨したのです。

 

こんな人たちに出会いました

初日は新宿。

サラリーマンが多く、全然相手にしてくれなかったので、通りがかった修学旅行生に写真撮影を頼まれたついでに、写真を撮ってもらい、すぐに渋谷に移動しました。

 

(その時↓の写真が生まれたわけです。)

ここからがカオスタイムの始まりでした。

 

刃物職人

渋谷で出会った一人目。

 

職人というか、刃物類を売る店の経営者さんです。

 

経営の他にもプロデューサーやデザイナーとしてマルチに活躍している方でした。

 

“刃物づくり”の後継者が年々不足している日本で、体験活動を推進したり、海外での販売に挑戦したりするなど、とてもエネルギッシュな活動をされています。

 

その後Facebookでつながって、活躍を拝見していたのですが、海外に日本の刃物を発信するという内容のクラウドファンディングで達成率300%超えの見事な成功をされており、僕もクラウドファンディングをする際にアドバイスをいただきました。

お忙しい中、本当にありがとうございましたm(__)m

 

いきなり、めっちゃ真面目やん。って思いました?

はい、そうです。真面目にやっています。

 

しかし、ここからは中々バラエティーに富んだ人たちが登場してきます(笑)

 

スケボーで日本一周

ロン毛でドレッド、スケボーに乗っているイケメンを発見。

 

いかにもチャラついた感じのその姿に、話しかけようかためらいましたが、先に絡まれたので、お話することに。

 

すると彼は突然、

「イエエエエエエエエエエエエイ」と叫びました。

 

ちょうどハチ公の前あたりだったので、通りがかりの人がビクっと反応していました。

 

僕もサンシャイン池崎さんのお姿を借りている以上、そこでは負けられまいと、全力で

「イエエエエエエエエエエエエイ」

をお返ししました。

 

この掛け合いが、5回ほど続きましたが、僕が降参し、その場はいったん収束。

 

ここまで会話はありませんでしたが、間違いなく距離は縮ましました。笑

 

その後、ようやく腰を下ろして話始めたのですが、なんと彼は、0円で日本を一周している最中だという。

 

食べない期間が続くときもあり、人が落としたものを食べたり、水だけでしのいだりと、中々ハードなことをしているみたいです。

 

馬鹿みたいにコミュ力が高く、気持ちの良い人でした!

気になる人は、”津田龍峰”で検索してみてね(*‘∀‘)

 

くつみがき青年

ハチ公前で、サラリーマンの靴を磨いてる青年を発見。

 

さっそく話を聞いていみると、こりゃまた、おもしろいことをしている方でした。

 

渋谷や新宿で靴を磨かせてくれる人を探して、磨きながら自分の夢を語り、その夢に応援したいと思った分のお金だけをいただきます。というもの。

 

極端な話、1円でもいいし1万円でもいいということらしい。

 

しかし、それだけではなく、連絡先を交換した後、同時進行で勉強しているファイナンシャルの知識を持って、コンサルすることで恩返しをすることが最終的に目的らしいです。

 

彼が語る夢もすごく具体的で、誰もが応援したくなるような夢でした。

 

ツバを吐きかけられるようなこともあったらしいですが、感動して1万円を支払ってくれた人もいたんだとか。

 

くつみがきは練習こそいるものの、低コストで利益率が高いのでこういう活動にはもってこいですよね!

 

おもしろいことを聞きました(^-^)

(青年の足元にあるのが、靴磨きグッズ。)

 

まさか取材でインタビュー(全国デビュー?)

ハロウィンじゃなかったこともあり、珍しかったからか、ココ調という何やらニュース番組の企画のための取材をさせてほしいとのこと。

 

 

あぁ、ついに全国デビューのときが来たか…

 

なんて思っていると、カメラの横でニヤニヤしていたプロデューサーらしき男がとんでもないことを言い出したのです。

 

ハチ公前で渾身のイエエエエエエエエイ

「きみ、簡単なネタとかできる?」

「できます」

 

ノリで即答した僕に、ピンマイクをつけた直後、カメラを向け「ハイドウゾ」

 

もうどうにでもなれと思い、全力で

「イエエエエエエエエエエエエイ」

 

その後、プロデューサーの悪ノリで全力のイェイを3回ほどさせられ、ひと時の間、渋谷を賑わせました。

 

【テレビの闇】放送日当日、どうなった?

放送日を教えてくれたので、友達に「俺テレビでるからみててww」なんて言い散らしていました。

 

僕は仕事で見ていないのですが、なんと、本当に出ていたようです。

 

別の人の取材中、後ろで突っ立っている僕の姿が。

 

格好が格好なだけに、めちゃめちゃ目立っていたらしいですww

 

だがしかし、僕の全力のイェイは使われず、完全なイェイの出し損になったのです。

 

絶対に忘れない、あのプロデューサーの顔。

 

【まとめ】色々な人と出会い変わった価値観

2日ほど外に出て、イェイイェイ言ってるだけで、色々な人と知り合えました。

 

まわりから見ると、僕がやっていることは特殊かもしれないですが、普段の日常でも同じことが言えると思うんです。

 

ただ、なんとなく過ごせばそれは日常だし、ちょっと何かやってみよって行動してみると、一生の財産がくっついてきたりします。

 

今回、僕がサンシャイン池崎さんの姿をお借りしたのは、全力ですよ。というアピールがしたかったのも一つの理由です。

 

この記事で紹介できなかった、モデルのスカウトマン、仕事で伸び悩む営業マン、フリーハグやりながらウェイウェイ言ってた人、誰もがこの姿で真剣に話す僕を見て、真剣に聞いてくれました。

 

僕の全力が伝わった証拠なのだと思っています。

 

この記事を見て、「くだらねw」と笑っていただいても嬉しいのですが、「ちょっとなんかやってみよ。」と前に一歩踏み出すきっかけになっていただければ尚、嬉しいです。

 

ありがとう渋谷、ありがとうサンシャイン。

 

(完)