ビジネス

【フロー型収入とストック型収入】と3種類の生き方

 

このブログを書いている僕は、会社を3回変えて、マッサージ師として独立し、時間と収入に対する価値観を変えてきました。

 

 

そして、ストック型での収入が今後、欲しいと思っているので、ブログを書きつつ勉強をしています。

 

 

世の中って色々な生き方があるなーと
しみじみ思います。

 

 

僕はザッと分けて、三つ生き方があると思ってます。

 

 

皆さんは今、どんな生き方で、どの生き方に憧れていますか?

 

 

3パターンの生き方

 

 

僕は、フリーター、ニート、正社員、派遣社員、フリーランスを通して、色んなタイプの人に触れてきました。

 

下記につづる、3パターンの人間というのは、僕が導き出した結論です。

 

 

搾取され続ける人間

 

まず一つは、搾取され続ける人間。

 

 

なんかイヤラシイ表現ですが、当然、悪くはないし、立派な生き方だと思います。

 

 

来月を生きるために、今月を頑張る。

 

 

課せられた仕事に、なんの違和感も覚えず、そして考えずにこなしていく。

 

 

ある一定の年数が経つと、もう戻れません。

 

 

次のイノベーション人間に進化するか、一生そのままかのどちらじゃないでしょうか。

 

 

イノベーション人間

 

イノベーション人間とは、世界、日本、会社。

 

 

ベクトルは違えど、いずれかでイノベーションを起こそうと、日々奮闘する人間。

 

 

世の中を賑わす、IT社長政治家など、最もスポットライトが当たりやすい人たち。

 

 

故に、憧れやすく、目指す人も多い。

 

 

僕は、学生のときくらいだと、この二つの生き方しかないものだと思ってました。

 

 

もっぱら、社長なんかには憧れたタイプの一人でした。

 

 

自由に生きたいんだよ人間

 

経済的、時間的に自由を得るために、ひた走る人たち。

 

 

代表的なとこで言えば、はあちゅう氏、イケハヤ氏など、一般的な社会の流れに捉われず、自由に生きるために頑張ろうとする人たち。

 

 

常に自分にベクトルが向いているのが大きな特徴。

 

 

イノベーションや社会活動に、あまり取り組もうとしないため、スポットライトが当たりにくい

 

 

故に、僕も最近まで知りませんでした。

 

 

名前は知っていたとしても、【自由な生き方をしてる人たち】という認識はありませんでした。

 

 

イケハヤ氏やはあちゅう氏のような著名な方でも、イノベーション人間分類されないのには、理由があります。

 

 

彼らは、ブログという業界で逸脱した実績を残していますが、あくまでそれは、広告収入という手アカでべたべたの既存ビジネスだからです。

 

 

無論、だからこそ凄いんですが、特になにというイノベーションを起こしているわけではありませんよね。

 

 

あくまで自分にベクトルが向いていることがよく分かります。

 

 

ストック収入とフロー収入

前述した【搾取され続ける人間】と【自由に生きたいんだよ人間】は、ストック型収入を得る人と、フロー型収入を得る人。

 

っいうところでも大別できるかもしれません。

 

 

イノベーション人間の人たちも、無論、ストック型、フロー型の判別くらいしてるでしょう。

 

 

ですが、自由に生きるということに微塵の興味もないのか、もはや後戻りできないからなのか、イノベーションを起こそうと必死。

 

 

自由に生きたいんだよ人間とは反対に、常にベクトルが自分以外の社会に向いているんですね。
流通にイノベーションを起こしたAmazon、通信にイノベーションを起こしたLINE、携帯電話にイノベーションを起こしたアップル。

 

 

イノベーション人間達のおかげで、我々は、なに不自由生活を送れています。

 

感謝。

 

 

どの生き方を選択するか

 

何が正解で、何が不正確なのか、そんなものは、ありません。

 

 

ただ、自分で選択できるのに、選択できないものだと思ってる人も多いんじゃないでしょうか。

 

 

イケハヤ氏がTwitterで呟いていました。

 

好きな時間に起きて、好きなことをする。
週末、口座をみてみると、お金が振り込まれている。
実際、身の回りにそんな人はたくさんいる。
簡単なことだけど、簡単と思わない人からすると難しい。

 

僕は、この呟きを見たとき、あ、やっぱり【三つめのパターンの人間ているんだ】って確信しました。

 

 

ということは、やはり、生きる中で、三つ選択肢があるのです。

 

 

どれを選択するかで、生き方も努力の仕方も全く変わってくると思います。

 

 

面白いのが、三つ目の自由に生きたいんだよ人間は、イノベーション人間にもなり得るということです。

 

 

しかし皮肉にも、その逆は難しい。。。

 

 

とにかく、感覚として持っておいた方がいいと思うのは、この3種類の人間、どれでも選択が可能であるということです。

 

 

僕も他の人の生き方を知ったからこそ、選択をして独立しました。

 

 

選択した僕から言えるのは、なんとでもなる。ということ。

 

 

まとめ

 

この記事を読んでくれている方は、どれを選択しますか?

 

 

今の状態がなんだかな〜。

 

 

っと思ってる方がいるのであれば、是非、行動に起こしてみてください。

 

 

良くも悪くも、前に転がります。

 

 

別に行き先が分からなくたっていいじゃないですか。

 

 

転がってみましょう。

 

 

前に、コロリと。

 

 

 

今回は以上です!

お読みいただいた方、ありがとうございます。

四太郎でした(^-^)

 

 

合わせて読みたい

4度の転職で分かったこと【正社員、派遣社員、個人事業主の実態】

4度の転職を振り返る【お勧めの転職方法】