知っておきたい雑学

【手術前の男性必見】手術より痛いこと




 

こんにちは、四太郎です。

 

皆さんは骨折したことありますか?

 

僕は高校の部活中、目を支える骨を折り、入院しました。

 

それはもう痛かったですが、入院中、更なる悲劇が起こったのです。

 

これは、皆さん(特に男性)に起こりうる可能性があることなので、本当に知っておいてほしいです。

 

あぁ、思い出すだけで恐ろしい。。。

 

 

一発KOで病院へ

 

僕は高校時代、ラグビー部に所属していました。

 

花園予選が控えていた秋、いつもの練習だったその日は、悲劇の始まりでした。

 

タックル練習中、まだ体が温まっていなかった僕は、ちょっと気合いを入れようと、まだ冷たかった体で、向かってきた相手におもいきり突っ込みました。

 

次の瞬間、鈍い音と共に、視界は真っ暗になり、地面に横たわっていました。

 

そのまま、先生にかつがれ病院へ。

 

顔面一発KO。

 

喧嘩漫画の作者は、全員エアプなんだと悟った瞬間でした。

 

 

かなりややこしい骨を折った僕

なんと折れた骨は、目を支える骨である眼窩底という部分(眼窩低骨折)。

 

そこが折れたことで、目が少し陥没し、目の周りの神経を骨が引っ張てしまっていました。

 

医者から告げられたのは、人生初となる全身麻酔と手術の宣告でした。

 

 

7時間に及ぶ手術

3時間くらいだとされていた手術でしたが、何やら難航したらしく、7時間にも及んだみたいです。

 

手術のときの記憶はもちろんありません。

 

ただ、全身麻酔ってすごくて、手術室で注射をうたれて「眠たくなるお薬いれますね~」3秒後には落ちます。

 

すばらしきかな医療技術。

 

 

訪れた恐怖の目覚め、そして、違和感

 

ぼや~っと目覚めると、そこは病室でした。

 

無事に手術が終わったことをつげられ、ホッとしたのもつかの間。

 

下半身に何やら違和感を感じました。

 

なんというか、何かにしばられているような感じ。

 

右にも左にも向けない。

 

なんじゃこりゃ?

 

 

止まらない冷や汗、違和感の正体

その違和感を母に告げると、驚くべき返答が返ってきたのです。

 

ちょっと下品なのが嫌いな人はごめんなさい。

 

違和感の正体、それは、ち〇この穴にチューブが挿入されていたのです。

 

全身麻酔の際は、穴という穴が馬鹿になり制御がきかなくなるので、チューブを装着し、いつでも用を足せる状態にするそう。

 

この時、僕は二つの事実に、困惑しました。

 

まぁまぁ太めのチューブがち〇こに入っているということ。

 

そして、そのチューブを僕じゃない誰かがち〇こに入れたということ。

 

高校生だった僕には、あまりに受け入れがたい現実でした。

 

 

ナースの癒し

泣きっ面に蜂だった僕の癒し、それはナースでした。

 

毎日、目の消毒にきてくれるナースさんが本当に可愛かった。

 

想いで補正もあるかもしれませんが、本田翼さんに似ていました。

 

マジです。

 

 

初めて悟る、死刑囚の気持ち

 

僕は、ある時気づいたのです。

 

チューブを入れたということは、チューブを抜くという工程があること。

 

もはや、ち〇ことチューブは一体化しており、簡単に離れてくれないのは想像に易い状態でした。

 

これを抜くなんて、どれだけの痛みを味合わなきゃいけないのか、そして誰が抜くのか。

 

もしかして、ばっさーなんじゃないのか、なんて考えていると夜も眠れませんでした。

 

ついに訪れたその瞬間

チューブを抜く日の朝、変な高揚感と不安とで、いつもより2くらい心拍数が高いような気がしてなりませんでした。

 

そして、ついにナースが来たのです。

 

ナース(58)「はい、じゃあ抜くね~」

 

残念なのか、安心したのか、当時の僕がどう思ったかまでは覚えていませんが、この抜く瞬間だけは鮮明に覚えています。

 

ナース(58)「いくよ~力抜いてね~……フンっ!!」

 

僕「あひ」

 

 

ブバッブババ

まー、普通に痛かったですね。

 

意識を失うほどではありませんが、もう二度とごめんです。

 

抜けてスッとした僕は、さっそくトイレに向かいました。

 

久々だな~なんて思いながら、用を足そうとすると…

 

ブバブババッ

 

僕「!?!」

 

おしっこがちゃんと出なかったのです。

 

後から聞いた話だと、チューブを入れている時間が長いと、穴がおかしくなり、ちゃんとおしっこが出なくなるらしい。

 

「先に言わんかい!」と心の中で30回のほどツッコミましたが、次の日にはもとに戻っていました。

 

僕のち〇この再生能力は高かったです。

 

 

さよならナース

初の入院、手術、ブバブババを体験し、2週間ほどで退院。

 

ばっさーともお別れしました。

 

今となっては、おもしろい思い出です。

 

こうしてブログとして発信する日が来るとは思いませんでしたが、まぎれもく、青春の1ページでした。

 

 

終わりに

骨折、手術は誰にでも起こりうる現実です。

 

もし、手術を控えている人がいるのであれば、あまり悲観的にならず、どうかポジティブな気持ちで乗り越えてください。

 

時間が経てば、「実は俺手術しててさ~」っと笑顔で話せるはずです。

 

ちなみに、入院生活は暇すぎて発狂しそうになります。

 

 

では、今回は以上です。

 

ちょっと下品な記事になりましたが、読んでくださった方、ありがとうございます!

 

四太郎でしたヽ(^o^)丿