ブログ

稼ぐブロガーがPV数の多い理由

 

 

 

こんにちは、

台風が去った次の日の太陽は神々しい。

四太郎です。

 

今回は、稼ぐブロガーがPV数の多い理由を自分なりに分析しました。

興味のある方もない方もしばしのお付き合いを(*”ω”*)

 

 

人間は臆病?

 

人間って、とても臆病というか慎重というか。

 

 

良いところでもあり、悪いところ?でもありますよね。

 

 

さっそく話が少しそれるんですが(笑)、人間は太古の昔から、臆病だったようで、そのおかげで今も生き残ってるんだそうです。

 

 

遡ること、縄文時代

人間がまだ、ヤリを片手に狩りをしていた時代です。

 

 

彼らの宿敵はマンモス。

 

 

飢えをしのぐには、あのデカい肉が必要不可欠だったとか。

 

 

マンモスを仕留めるための作戦会議、人間同士でこんなやり取りがありました(空想)

 

――――

勇敢な人間「ケツからヤリをぶっさそう」

 

臆病な人間「は?」

 

勇敢な人間「後ろからこっそり近づいてぶっさすんだよ。ケツに。」

 

臆病な人間「冗談だろ?ケツの穴まで手が届くと思ってんの?」

 

勇敢な人間「そうか!じゃあ投げよう!(のちの投げヤリ)」

 

臆病な人間「そもそも、ヤリで狩ろうなんての論外。
まずは、足場の悪い泥土におびき出してだな・・・」

――――

 

所説ありますが、人が臆病だったことで、作を練り、生き伸びたとされています。

 

進化するテクノロジー

そこから人は、生き延びるどころか、医療を駆使し、平均寿命を引き延ばし、日々、新しいテクノロジーが生みだしています。

 

 

そんなテクノロジーにより、情報過多の社会になった今、答えを知ろう、答えを知ろうと、常に前のめりな人がたくさんいます。

 

 

それって、時代に沿った生き方だし、ごく自然なことだとは思うのですが、それにより、行動が伴わない人が増えているような気もします。

 

 

あれは違う、これは違う、と言うだけで、自分のポジションから、てこでも動かない。

 

 

ネットに転がっている情報を見て、答えを知った気になっているのです。

 

発信の方法

じゃあ、シンプルに答えを発信すれば、人は集まるのでは?

 

 

それがブログだったり、Twitterだったり、Yahoo!の知恵袋だったりする訳ですね。

 

 

人は何が先においても、答えが欲しい。

 

 

見切り発車病の僕ですら、ある程度、答えを知りたいです。

 

 

答えが欲しいなんて、今のネット社会では当然じゃん。って思うかもしれませんが、案外、僕は盲点でした。

 

 

答えを発信していたようで、答えではなかったのです。

 

 

シンプルに答えを発信することだけを心掛ければ、書く記事の内容も変わってくると思います。

 

 

例えば、この記事内で答えを書くとすれば、

 

 

一日も休まず、20日記事を書いてみた感想と、実績(数字)

 

 

とかでしょうか。

 

 

【感想の例】

まだ20日ということもあり、新鮮な感じで楽しく書けています。

 

仕事終わりに書いてますが、ストレスも全くありません。

 

記事の字数は平均、1500文字前後です。

 

月間でお金のかかる、レンタルサーバーを利用したのが功を奏し、お金を払ったから、という貧乏根性がケツをたたいてくれています。

 

 

【実績】

ここはまだ、公表するのが恥ずかしいレベルですが、簡単な数字を公表します。

 

1-10日にかけては、2~5くらいのPV数でしたが、ここ3日くらいは、30くらいになりました。

 

まだまだ少ないですが、自分の記事を読んでくれているというだけで、モチベーションに繋がります。

 

毎日、アクセス解析を行い、見てくれている方の需要にあった記事を、と心掛けていおります。

 

 

と、こんな感じです。

 

どうでしょう。

 

もはや、前半のマンモス会議いらないですよね(笑)

 

 

まとめ

 

客観的に考えても、やはり、分かりやすい答えが、あった方が良いかと思います。

 

 

答えを提示してあげる。

 

 

ここをシンプルにこだわれば、PV数も伸びていくはず!

 

 

僕が解析するのに、PV数の多いブログは答えの提示と見せ方がうまいです。

 

 

読み手を文章に引き込みつつ、しっかりと書き手が想定した答えを用意する。

 

 

要は、読み手の気持ちになって書くことが大事なんだと思います。

 

 

シンプルなだけに、根気とセンスが大きく問われるでしょう。

 

 

僕も地道に、そして楽しみつつ、まずは100記事くらいをサクッと書いてみます。

 

 

はい、では、本日読んでくださった方、ありがとうございました(^-^)

 

 

四太郎でした。

 

 

次回もまた見てくださいねぇ

 

 

ジャンッケン

 

 

ポンっ!(グー)

 

 

ンフフフフフフ
(失礼しました)

 

 

【合わせて読みたい】

初月で1000PVとるブログの書き方【プロエッセイストに学ぶ】

【おススメのビジネス】※堅実な人向け

【仮想通貨】知った気になれる記事

自分に合った転職とは?