転職

【入社4ヵ月で会社を辞めた理由】「まぁ辞めてもいいか」が大事なワケ

こんにちは、四太郎です。

僕は田舎から新卒で東京のベンチャー企業に入社しました。

 

まわりの同期も優秀で、会社の雰囲気もそれなりに好きでした。

 

ですが、入社して4ヵ月でが経った、8月に会社を辞めることになり、その後も会社を転々とするのですが、今回は一社目を辞めた理由について書きます。

>>思い切って転職してみまくった結果【気づき】

驚き!会社の先輩の給与明細

入社する前の僕は意識高い系だったので、「給料なんて最初は低くても、仕事しまくったら後からついてくるっしょ?それまではお金もらいながら勉強できるし、社会人って最高」

 

なんて思っていました(笑)

 

稼ぎ始めると、100円でも多くほしくなるもんです。

 

給料日、そんな話を同期としていると、会社の先輩のデスクが空いていました。

僕のいた会社では、freeというソフトを使っていたので、給与明細は各自が持っているPCに届きます。

 

これは自分の未来の給料がみえる絶好のチャンス!

 

と失礼を承知で同期と二人で給料をのぞきました。

 

新卒社員との違いは?

額を見てびっくり。

 

3年上だった先輩の給料は、僕と3万円ほどしか変わらなかったのです。

 

しかも、その先輩はめちゃくちゃハードワークしていて、9時ー24時とか平然とした顔で残業してました。

それを見ていた分、同様が隠し切れませんでした。

 

「これだけ残業して1年で1万円しか昇給しないのか?」

暗雲が立ち込め始めた瞬間でした。

 

目に光のない部長

給料の面でいうと、1000万円を超えていると噂の部長。

 

まだ20代以後半くらいでしたが、頭もよくとても優秀な方でした。

ただ、部長が仕事をしていて「楽しそう」にみえたことがない…。

いつもPCとにらめっこで、部長でありながらも24時まで残業。

 

「めちゃくちゃ帰りづらい…」みんなが口をそろえて言ってました。

 

子供をもって大丈夫?

なんと部長には奥さんがいて、新婚ほやほやだったのです!

奥さんがいるのに、24時まで残業?

余計なお世話だけど、子供ができたらどうするの?

 

社内ではしきりに「定時退社」を促していましたが、全く機能せず、ダラダラと残業する日々がみんな続いてました。

 

ダメだ、明るい未来がみえない…

もやもやする日々が続きました。

 

唐突な出会い

そんな中、僕は良くも悪くも出会ってしまうのです。

 

そう、ネットワークビジネス。

>>本気でネットワークビジネスやってみた①
(興味のある方はみてね!)

 

今こそ、ウェブライターで独立し、こうしてブログを書いていますが、そのきっかけになったのは、この出会いのおかげだったかもしれません。

 

会社だけではないということ

学生のころは、「会社で仕事しまくって役職をあげることが一番だ!」と思っていました。

それ以外の道を教えてくれたのは、間違いなくネットワークビジネスに本気で打ち込んだ経験からでした。

 

仕事を必死にしている人って、まわりが見えなくなっちゃうことが多いです。

 

会社が意図的にそうしているのかもしれませんし、自分で閉ざしてしまっているかもしれません。

 

「別に会社を辞めてもいいじゃん」って思うことで肩の力も抜けるし、視界が開けます。

 

実際に行動に移さなくても、そう思ってみるだけで違います。

 

最近、大学にせよ会社にせよスパっと辞めてしまう人が多く感じます。

 

見切り発車は大事ですが、”なにに打ち込むか”、つまり自分が積みあげていく場所の選定は、しっかりと吟味して決めた方が良いです。

 

僕の場合、それはブログとウェブライターでした。

経験や知識を活かして、ここなら積み上げて問題ないと判断したからです。

どう積み上げていくかは、行動しつつで大丈夫です。

 

ともあれ、自分の人生です。

自分を最大限にいたわりつつ、自分勝手に生きてください!

 

読んでくださった方、ありがとうございます。

四太郎でした~。