ビジネス

0円起業、年商5億を目指す24歳

 

こんにちは!四太郎です!

今、世の起業家たちから一手に注目されるようになった、24歳の経営者を皆さんはご存知ですか?

ビジネスにおいて、なんらかのヒントになれればと思い、取り上げてみました!

サクッとご覧あれ( *´艸`)

 

 

contents

1 突き進む若手経営者、破竹の勢い

2 そこで決まっていた?驚くべき着眼点

3 0円起業

4 考えこんで行動ができないあなたへ

5 インスタグラムの利用率が高いのは実は○○歳

 

 

 

 

突き進む若手経営者、破竹の勢い

 

インスタグラムを利用した事業を思いつき、起業。

 

 

破竹の勢いで成長し、今や年商5億円を目指す規模になった若手経営者。

 

 

なんでも、インフルエンサー事業を営むベンチャー企業で勤めていた際の経験が役に立ったとか。

 

 

彼自身、服が好きで、インスタグラムと古着好きを結び付けたらおもしろいビジネスになるな、と思ったのが始まりだったらいしいです。

 

 

そこで決まっていた?驚くべき着眼点


なんでも【古着女子】のアカウントを作成して、5か月で10万人のフォロワーが増えたとのこと。

 

 

すごいですよね…(;^ω^)

 

 

そこからエンジェル投資家からの資金調達ECサイト作成古着の販売までの流れを約3か月ほどで行ってきたという。

 

 

このスピード感と古着という目の付け所が、成功の大きな要因になったんだと思います。

 

 

ちなみに、ECサイト作成→古着販売の流れは、アカウントで投稿した女の子が着ている服を販売しています。

 

 

0円起業

 

0円で誰でも簡単に起業できる。

 

 

今回ご紹介した起業家さんも0円起業なのですが、これって今の社会の大きな特徴の一つだと思っています。

 

 

情報過多の中で、差別化できるのは行動力です。

 

 

お金の稼ぎ方から、その詳細まで、ネットで検索すればいくらでもでてきます。

 

 

しかし、そもそも行動を起こさなかったり、行動に起こしても継続しない人がいると思います。

 

 

だから、儲ける人と儲けない人の二極化が進むのではないでしょうか。

 

 

考え込んでんしまい、行動ができないあなたへ

 

僕は今まで常に、考えるより行動を先行させて生きてきました。

 

 

それは動きながら修正していくのが成功への近道だと、信じているからです。

 

 

難しく考えすぎて、具体的な行動に落とし込めないのであれば、それを諦めて、行動しやすいものからどんどん進めていくのがいいのだと、とある経営者さんから聞きました。

 

 

自分との考えが一致した、嬉しい瞬間でした。

 

 

行動しながら修正をしていくことで修正力がつき、次のチャレンジを有利に進められるようになる。

 

 

そうしてる間に、勝手に成功してる。

 

 

僕はそういう考え方を大事にして、立ち止まらないように心掛けけています。

 

 

なんだかすごく自己啓発感が満載になっちゃいました(笑)

 

 

ですが僕は、その考えを貫いたおかげで社会人2年目の歳で独立することができました。

 

 

インスタグラムの利用率が高いのは実は○○歳

 

若い女性が、きゃいきゃい言いながら画像を投稿しているイメージの強いインスタ。

 

 

実は、インスタでは10代20代より、30代以降の利用者が多いです

 

 

30代が欲しそうな情報をキャッチアップし、画像ベースで発信できれば人気のアカウントは、すぐにでも作れそうですね!

 

 

 

 

では、本日はこんなところで終わっていきます!

 

お読みいただいた方、ありがとうございました!

 

四太郎でした(^-^)

 

合わせて読みたい

自分に合った転職とは?

【おススメのビジネス】※堅実な人向け

ビジネスはパクリでいい。むしろパクリがいい。

これだけは知っておきたい借金のあれこれ